デリヘル嬢の目にはどう映る?

デリヘル嬢の目にはどう映る?

若い男性はどう映る?

デリヘル嬢として働いていると色々なお客さんに出会うとは思いますが、その中でも当然若くて性的欲求を持て余しているような人を相手にすると言うこともあると思います。

 

そんな若い人を相手にするのであれば、風俗嬢としてもやりやすいのではないかと思うお客さんも多いようですが、実際にはそういうわけでも無い場合が多いようです。

 

どういうことかと言うと、若いお客と言うのはがっついてしまう人も比較的多く、風俗嬢を相手にする際もぐいぐい押してきてしまうので、風俗嬢からすると困る事も多いとか。

 

プレイの最中にしつこく攻め込んでこられたり、がっつかれ過ぎて体が痛みを覚えたり、無理な体勢を強いられてしまったり、経験が浅く女性の体を理解していないが故に傷付けてしまったり何て人も居るようです。

 

ただ恋愛をするのに若い人に出会えてラッキー、と言うものとはまったくの別物で、風俗嬢からすると若かろうと結局はお客様であり、そのお客として良い人かどうかと言うのは、若さだけで判断できることでは無いと言う事です。

 

若い故に欲求が大きく、それを前面に押し出してしまいがちな人と言うのは風俗嬢からすると手のやけるタイプになってしまう可能性が大きくあります。

自慢の多い男性

話し上手なお客と言うのは風俗嬢からしても楽ではあるとは思うのですが、話上手と言うのは何もただ話題を振る事が出来ると言うだけのことでは無いので、話題の無いようやタイミングなどにもよって話上手かどうかと言うのが決まると思います。

 

特にただ話せば良いと思って自分の自慢話ばかりをしてしまうような男性が居るのですが、そういう人と言うのは風俗嬢からするとあまり好かれない傾向にあるようです。

 

自慢話と言うのは誰であっても、聞き続けるのは苦になったりもしますからね。

 

相槌を打っていればそれで良いと言うこともあるかもしれませんが、行為に勤しみながら自慢話ばかりを聞かされて、会話を楽しむと言うよりは話す面でも相手の発散でしか無い状況では風俗嬢が気乗りしていくのも難しい事でしょう。

 

ですからそうした点を考えると、自慢ばかりしてくる男性と言うのは相手をするのが難しいようにも感じられます。

 

特にテクニックなどに関して口にされると、プレイ中だとそれに関して喜んだ振りをしたりしなければならなかったりもするので、風俗嬢からすると尚更気を遣うばかりになってしまったりもするようです。

 

同じ会話ひとつでも、相手にどういう印象を与えるかと言うのは変わってくるようですね。